BLOG浅草の新パーソナルジム
N-fitnessのブログ

ホームBLOGダイエットビフィズス菌って何?間違えやすい乳酸菌とビフィズス菌の違い

ビフィズス菌って何?間違えやすい乳酸菌とビフィズス菌の違い

ビフィズス菌は身体に良い栄養として、耳にする事が多いのではないのでしょうか?

スーパーやコンビニでお腹に良いとして、陳列されている商品には

”生きた”ビフィズス菌などなど、広告が踊っているかと思います。

そもそも、よく一緒に名前を聞く乳酸菌とビフィズス菌の違いとは何なのか?

今回は、サプリメントなどの健康商品にも度々登場する「ビフィズス菌」について解説していきます。

ビフィズス菌とは?

 

ビフィズス菌とは、ヒトの腸内に生息している微生物の事で、乳酸菌と並んで「善玉菌」の代表とされています。

乳酸菌が糖から乳酸を産生するのに対し、

ビフィズス菌は糖を分解・代謝して乳酸のほかに「酢酸」も作り出します。

 

代謝・分解により産生された乳酸や酢酸などにより、

腸内のpHを酸性に傾かせることにより悪玉菌の増殖を抑制して、腸内環境を整えられると考えられています。

 

ビフィズス菌は酸素のある環境では生息することが困難で、主に大腸に生息してる微生物です。

大腸の善玉菌の内99.9%はビフィズス菌が占めており、善玉菌優位による健康効果において、重要な役割があります。

厚生労働省のビフィズス菌の定義

 

ビフィズス菌の効果・効能

 

善玉菌優位による整腸効果

ビフィズス菌の主な働きは、腸内を善玉菌優位の状態にしたり、有害物質を減少させる事で健康の維持をはかれる事です。

さきで述べたように、ビフィズス菌の摂取・増殖は腸内環境を改善させるもっともポピュラーな方法だとも言えます。

乳酸菌では得られない酢酸は、大腸の蠕動(ぜんどう)運動への刺激、有害物質から受ける腸内環境、もとい健康体への悪影響を阻害する機能を保持しています。

また、炎症反応を抑えることがみとめられており、ビフィズス菌の持つ力が証明されてきました。

 

腸は人体最大の免疫器官であり、「第2の脳」とも呼ばれるほど重要な器官です。

腸内バランスを整える事は私たちの健康維持に大きく影響し、ビフィズス菌による腸機能の向上、整腸作用に加えて、免疫力の向上・アレルギー反応の改善など、役割は大きいです。

ダイエットの観点からも脂質代謝改善効果もあるという、とても気になる研究効果も報告されています。

腸内細菌と脂質代謝 静脈経腸栄養Vol.28 No.4 2013

 

腸内環境の詳細は下記解説をご参照ください。

【解説】腸内環境とは?善玉菌・悪玉菌・日和見菌がもたらす変化と要因

 

美肌効果!?肌荒れ予防

腸内環境と肌のコンディションは密接に関係しています。

肌荒れは腸内が悪玉菌が優位になっていると、起こりやすいです。

有害物質の発生や吸収により、体に必要な栄養を届ける妨げになったり、

アレルギー反応が引き金となり、ニキビや肌荒れが出てくる事もあります。

ビフィズス菌が大腸の健康を左右していますので、善玉菌優位にしておく事で、

こういった肌トラブルの予防に腸内環境の見直し、ビフィズス菌の力は非常に重要になります。

 

間違えやすい!乳酸菌とビフィズス菌の違い

ここまでビフィズス菌について、解説してきました。

そこで、よく一緒に登場する乳酸菌との違いにふれていきます。

 

生息場所の違い

乳酸菌はビフィズス菌と同様「善玉菌」の代表です。

乳酸菌は腸内にとどまらず、私たちの自然界にも存在し、ヨーグルトや発酵食品など食物の中にも含まれています。

また主戦場を小腸としており、大腸に生息するビフィズス菌とは別場所で活躍しています。

これに対して、ビフィズス菌は一般的に大腸内にのみ存在する細菌です。

酸素のあるところでは生息出来ない特徴があり、食品内に含まれることが少ないです。

 

酸素の他にも、酸にも弱い!?

ビフィズス菌は酸にも弱く、経口摂取すると胃酸や胆汁などにやられてしまうという特徴があります。

生息地である大腸まで生きて届けるのは難儀なのです。

そのため、サプリメントなどで保護された状態で大腸まで届けるのが摂取方法として簡単です。

”生きた”ビフィズス菌と言うのは、食品メーカーのたゆまぬ努力により、大腸まで生きて届ける事が出来るよう

耐性を持ったビフィズス菌の発育し、実際に回収・確認までしている事で謳われています。

それがどの程度なのかと言うのは、商品やメーカーにより見解が違うものであり、真偽の判別がなかなかきかないものです。

ここでは、「ビフィズス菌は酸に弱い」「大腸にのみ存在する」という事を抑えて頂ければ問題ございません。

 

また、乳酸菌も実は酸に弱い特徴があります。

しかし乳酸菌の特徴として、死んでも尚、腸内で活躍する微生物という事が挙げられます。

死んだ乳酸菌は他の乳酸菌のエサとなり、腸内の善玉菌優位性を加速させます。

また大腸内のビフィズス菌が増えやすい環境に整えてもくれるのです。

ビフィズス菌を増やすには?食べ物etc…

乳酸菌

前述しましたが、乳酸菌の摂取によりビフィズス菌の活動を助けることが可能です。

ヨーグルトは勿論、キムチや味噌などの発酵食品などを継続摂取することにより、

腸内を善玉菌優位の状態に持っていく事が出来ます。

その結果、ビフィズス菌の増殖など好循環を生むことが出来ます。

 

オリゴ糖

オリゴ糖とは糖の一種で、少糖類に分類されます。

特徴として”難消化性”であることが挙げられます。

これは、消化・吸収しにくいという特性を指し、腸内のビフィズス菌の餌として使用されます。

玉ねぎや大豆、アスパラガスなどの食材に含まれており、オリゴ糖単体でも商品パッケージされて店頭に並んでいます。

【解説】オリゴ糖はガラクタ!?気になるオリゴ糖の正体

 

食物繊維

5大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物/糖質・ビタミン・ミネラル)にプラスして6大栄養素として

名を連ねるのが「食物繊維」です。

広く認知されている食物繊維ですが、炭水化物に分類されており

 

炭水化物=糖質+食物繊維

 

で認識頂いて構いません。

食物繊維は血糖値の抑制や、便通の改善など(オリゴ糖にも同じ効果が見込めます)

多岐に渡った健康効果が期待できます。

野菜類での摂取や穀物からの摂取を基本にして、豆類やキノコ類などから摂取が可能です。

また、食物繊維は水溶性不溶性に分類され、それぞれ違った特性で体に影響を及ぼします。

 

下痢になる!?ビフィズス菌の摂取方法・注意点

ビフィズス菌の健康効果をここまで解説してきました。

次は、ビフィズス菌そのものの摂取や、ビフィズス菌を助ける食材の摂取時の注意点についてご説明していきます。

 

摂取方法

・ビフィズス菌を生きたまま摂取出来るサプリメントからの摂取。

・ビフィズス菌の餌となる食材からの摂取。

上記2点の摂取でご対応頂けるとビフィズス菌を効率良く摂取・発育する事が出来ます。

 

出来れば空腹時を避けて(胃酸などの影響を極力避ける目的)、様々な食材を組み合わせるのが良いです。

しかし、大事なのは習慣的に摂取できる環境を整える事です。

朝食時や間食での摂取や、昼食・夕食にプラスするなど

各々のライフスタイルに合わせたタイミングで摂取して頂ければと思います。

 

注意点

基本的にビフィズス菌を増やす取り組みは良い事しかありません。

しかし、目的の為に偏った食事バランスで偏食を繰り返してしまうと、

お腹がグルグル音を出し、お腹を下す原因(例.オリゴ糖は摂取量が増えるとお腹を下しやすいです。またカロリー的にも過剰摂取はNGです。)

になってしまいます。

オリゴ糖のデメリットご紹介!

またダイエットに励んでいるのに、そもそもの摂取量が増えてカロリーオーバー!?なんて事も危惧されます。

栄養素の偏りは、ダイエットや減量、ボディメイク・健康においても大敵です。

 

また腸内環境の良し悪しは、ストレスが大きく関わってきます。

ストレス過多の生活、適度にストレス発散出来るような生活を送りたいですね。

【ダイエット初心者向け】ストレスのない食事と運動の方法!

 

まとめ

ここまでビフィズス菌に関して、解説してきました。

ビフィズス菌が与える健康効果や乳酸菌との違いまで、

正しく認識する事で、ご自身の健康意識付けとしての一助となれば幸いです。

 

こちらでは乳酸菌の詳しい解説も記載しております。

ご一緒にご覧くださいませ。

【解説】美肌や便秘改善に!?乳酸菌まとめ

 

当ジムでは食事やダイエットに関して、無料カウンセリングを行っております。

是非、一度足をお運びいただけますと幸いです!

 

体験トレーニングも期間限定で”0円”でのご案内中♪

お申し込みは下記より、お気軽にお問い合わせください!!

お問い合わせはこちらから♪

完全個室・通い放題だから出来る、高品質で安定した長期的な
パーソナルトレーニングをご提供します!

無料カウンセリング申込み