BLOG浅草の新パーソナルジム
N-fitnessのブログ

ホームBLOGダイエット【まとめ4選】ダイエットのために運動・食事制限したのに痩せない!その原因は…

【まとめ4選】ダイエットのために運動・食事制限したのに痩せない!その原因は…

ダイエットをしても効果が出ない!?

「痩せたい!」「綺麗になりたい!」

こうしてダイエットを始めたものの、思うように痩せなかったり体重が減らなかったりしたことはありませんか?

その原因として、自身で行っていたダイエット方法が間違っていたかもしれません。

ここでは考えられる理由をいくつかご紹介していきます。

 

ひたすら運動だけをして、食事を気にしていない

「とにかく動いてカロリーを消費すれば痩せる」という考えは間違えです。

確かにカロリーは消費しますがとても効率が良くなく、食べているものが高カロリーなものだったり摂取量が多くては運動の意味がありません。

例えば、1時間のウォーキングで消費出来るカロリーは約200kcal程度。
その後ご褒美などの意味合いでケーキやスイーツを食べるとします。それらは1個あたり約350kcalある為、せっかくウォーキングでカロリーを消費しても水の泡になってしまいます…

食べるために運動するという考えではなく、適度な運動強度と適度な食事制限を並行して行うことが大切です。

ダイエット中の運動と食事について

ウォーキングやジョギングをしても、ゆっくりダラダラ行っている

有酸素運動の中でも比較的誰でもすぐに始めやすいのがウォーキングとジョギングです。運動が苦手な方でも自分のペースで出来て体の負担も少ないので続けやすいのが特徴ですね。

しかし自分でコントロールができるからこその落とし穴があります。

消費カロリーは、時間とペースで増えたり減ったりします。
その為、長時間行なってもペースが遅くダラダラ行なっていても、逆に短時間でハイペースで行っていても、どちらも効率の良いカロリー消費は行えません。

ウォーキングについて

ジョギングについて

全く食べないダイエットをしている

ダイエット方法の一つとして、ファスティングという方法がございます。

この方法は簡単にいうと、「何も食べない」ということです。多少の水は飲むとしても、基本的に栄養のあるものは口にせずに胃や腸を空っぽにします。そうすることで腸内環境をリセットすることはできます。

ファスティングを行っているときは体重が落ちてダイエット成功!と思いがちですが、ファスティング終了後エネルギーが枯渇している体に食べ物を入れた途端に、体はものすごい勢いで吸収しようとします。

その結果、普段以上に栄養を吸収してしまい脂肪として蓄えられてしまう、いわゆるリバウンド状態に陥りやすいのです。

また、体重が落ちたとしても栄養不足状態で健康的ではない可能性があり、その後体調を崩して振り出しに戻ったり、ひどい場合には長期の治療が必要になる場合もあります。

せっかくダイエットをするのなら、健康的に痩せていきたいですよね。

三食きちんと食べてないことで、1日の摂取カロリーにとどいていない

ダイエットをするとしても、健康を維持するための1日に必要な摂取カロリーがあり、それを上回っても下回りすぎても綺麗に痩せれるわけではありません。

もちろん摂取カロリーは多すぎれば痩せることはなく体重は増えるばかりです。

反対に少なすぎると、体内での代謝がうまく行われずカロリーを効率よく消費することができません。
さらには仕事や勉強で集中が続かない、運動しても力が入らない、寝つきが悪い、肌荒れが起こりやすい、体調を崩しやすいなどの問題が出てきてしまいます。

その為、1日の中できちんと三食バランスよく食べて、その中で摂取カロリーを制限するというのが負担がなく効率的な方法となります。

 

ここにある原因が全てではありません。ダイエット方法は人それぞれ合うもの合わないものがあり、効果の具合も個人差があります。

まずは焦らず、正しい方法をゆっくり実施してみてください!

完全個室・通い放題だから出来る、高品質で安定した長期的な
パーソナルトレーニングをご提供します!

お問い合わせ・会員登録はこちら